巨石集団有限公司

巨石集団は、40年以上のガラス繊維の開発を経て、世界的な規模に成長しています。中国国内に、浙江省桐乡市、江西省九江、四川省成都の3か所の生産拠点があります。主力の桐乡工場は、上海から南西に180km、「長江デルタ経済圏」という好位置にあり中国の経済発展に大いに貢献しています。

2013年にエジプト工場、2019年にUSA工場を立ち上げ、全5工場でおよそ200万トンの生産能力を有します。また、2020年にはインド工場建設が始まります。

巨石集団は、世界14か国に販売拠点を持ち、生産量の50%以上を約80か国に輸出しているグローバル企業です。市場シエアを拡大し、ブランド名を高め、発展する為に、技術開発、品質の向上、生産の効率化を推進し、将来の成長の為の人材を雇用し、経営を強化しています。

巨石社員は、「行動、革新、責任、学習、熱意」の企業理念を堅持し、技術開発を進め製品品質の向上、サービスの向上を行い企業価値を高めて行きます。